2090nmでの吸収係数<0.02cm-1

新しく開発されたZnGeP2(コード:YS-ZGP)結晶は、元のZnGeP2結晶よりも優れたプロフォーマンスを示します

簡単な紹介

42ee64a3ea1c8136932b2613c2677be

絞りサイズ

15 x 15 mm; シータ= 54.7度。

ZnGeP2単結晶のユニークな大きな開口サイズは成長が困難です。行列の中で、私たちはより良い寸法と特性を達成するために多くの問題を克服しました。

一般に、ZGPの吸収係数は2090nmで<0.05cm-1である必要があります。しかし、私たちの技術では、2090nmで<0.02cm-1を達成することができます。

C-ZGP(オリジナルZGP)は「垂直成長法」で栽培され、YS-ZGP(新技術ZGP)は「水平成長法」で栽培されています。

b4320827f45c39d3c14135ad25f4242

長さサイズ

51 mm; シータ= 54.7度。

「水平成長法」の新技術により、長さの長い要素で優れた特性を得ることができます。均一性や出力効率の向上など。

 この位相整合角度の標準コーティングはAR / AR @ 2090nm + 3-5umです。リクエストに応じて、カスタムコーティングデザインも受け付けています。

低い吸収係数

高い非線形係数

優れた出力効率

投稿時間:2021年3月17日