低次波長板


  • クォーツ波長板: 波長210-2000nm
  • MgF2波長板: 波長190-7000nm
  • 遅延耐性: λ/60-λ/ 100(λ<400nm)
  • 並列処理: <1秒角
  • 波面歪み:
  • ダメージしきい値: > 500MW / cm2 @ 1064nm、20ns、20Hz
  • コーティング: ARコーティング
  • 製品の詳細

    低次波長板は、厚さが0.5 mm未満であるため、多次波長板よりもはるかに優れています。より良い温度(〜36°C)、波長(〜1.5 nm)、入射角(〜4.5°)の帯域幅、および高い損傷しきい値により、一般的なアプリケーションで広く使用されています。また、経済的です。

    標準波長をお勧めします

    266nm、355nm、532nm、632.8nm、780nm、808nm、980nm、1064nm、1310nm、1550nm