ZnSeウィンドウ


  • 材料: ZnSe 
  • 直径公差: + 0.0 / -0.1mm 
  • 厚さ公差: ±0.1mm
  • 表面精度: λ/4@632.8nm
  • 並列処理: <1 ' 
  • 表面品質: 60〜40 
  • クリアアパーチャ: > 90%
  • 面取り: <0.2×45°
  • コーティング: カスタムデザイン
  • 製品の詳細

    技術的パラメータ

    試験報告書

    ビデオ

    ZnSeは一種の黄色で透明な多嚢胞材料であり、結晶粒子のサイズは約70umで、0.6〜21umの透過範囲は、高出力CO2レーザーシステムを含むさまざまなIRアプリケーションに最適です。
    セレン化亜鉛はIR吸収が低いです。これは、遠隔物体の温度が黒体放射スペクトルを介して確認される熱画像に有利です。長波長の透明度は、非常に低い強度で約10μmのピーク波長で放射する室温の物体をイメージングするために重要です。
    ZnSeは屈折率が高いため、高い透過率を実現するには反射防止コーティングが必要です。当社のブロードバンドARコーティングは、3μmから12μmに最適化されています。
    化学蒸着(CVD)で作られたセレン化亜鉛材料は基本的に不純物吸収がなく、散乱による損傷は非常に少ないです。10.6um波長の光吸収が非常に低いため、ZnSeは高出力Co2レーザーシステムの光学素子を製造するための最初の選択材料です。さらに、ZnSeは、送信波長帯全体のさまざまな光学システムに一般的に使用される材料の一種でもあります。
    セレン化亜鉛は、亜鉛蒸気とH2Seガスから合成され、グラファイトサセプタ上にシートとして形成されます。セレン化亜鉛は構造が微結晶であり、最大の強度を生み出すように粒子サイズが制御されています。単結晶のZnSeが利用可能ですが、一般的ではありませんが、吸収が低く、CO2光学に効果的であると報告されています。

    セレン化亜鉛は300°Cで著しく酸化し、約500°Cで塑性変形を示し、約700°Cで解離します。安全のため、セレン化亜鉛の窓は通常の雰囲気では250°Cを超えて使用しないでください。

    アプリケーション:
    •高出力CO2レーザーアプリケーションに最適
    •3〜12μmの広帯域IR反射防止コーティング
    •過酷な環境には推奨されない柔らかい素材
    •高出力および低出力レーザー、
    •レーザーシステム、
    •医学、
    •天文学とIR暗視。
    特徴:
    •低散乱ダメージ。
    •非常に低いIR吸収
    •熱衝撃に対する高い耐性
    •低分散および低吸収係数

    送信範囲: 0.6〜21.0μm
    屈折率: 10.6μmで2.4028
    反射損失: 10.6μmで29.1%(2面)
    吸収係数: 10.6μmで0.0005cm-1
    Reststrahlenピーク: 45.7μm
    dn / dT: + 61 x 10-6 /°C、10.6μm、298K
    dn /dμ= 0: 5.5μm
    密度: 5.27 g / cc
    融点: 1525°C(下記の注を参照)
    熱伝導率 : 18 W m-1 K-1、298K
    熱膨張: 273Kで7.1x 10-6 /°C
    硬度: 50g圧子付きKnoop120
    比熱容量: 339 J Kg-1 K-1
    誘電率: 該当なし
    ヤング率(E): 67.2 GPa
    せん断弾性率(G): 該当なし
    体積弾性率(K): 40 GPa
    弾性係数: 利用不可
    見かけの弾性限界: 55.1 MPa(8000 psi)
    ポアソン比: 0.28
    溶解性: 0.001g / 100g水
    分子量 : 144.33
    クラス/構造: FCCキュービック、F43m(#216)、閃亜鉛鉱構造。(多結晶)

    Er YAG02