ZnGeP2結晶


  • 化学物質: ZnGeP2
  • 密度: 4.162 g / cm3
  • モース硬度: 5.5
  • 光学クラス: 正の一軸
  • 有用な送信範囲: 2.0 um-10.0 um
  • 熱伝導率@T = 293 K: 35W / m∙K(⊥c)
    36W / m∙K(∥c)
  • 熱膨張@T = 293Kから573K: 17.5 x 106 K-1(⊥c)
    15.9 x 106 K-1(∥c)
  • 製品の詳細

    技術的パラメータ

    試験報告書

    ビデオ

    大きな非線形係数(d36 = 75pm / V)、広赤外線を備えたZGP結晶
    透明度範囲(0.75〜12μm)、高熱伝導率(0.35W /(cm・K))、高レーザー
    損傷しきい値(2-5J / cm2)と良好な機械加工特性を備えた、ZnGeP2結晶は、赤外線非線形光学結晶の王様と呼ばれ、高出力で調整可能な赤外線レーザー生成に最適な周波数変換材料です。
    非常に低い光学品質と大径ZGP結晶を提供できます
    吸収係数α<0.05cm-1(ポンプ波長2.0-2.1 µm)。これを使用して、OPOまたはOPAプロセスを通じて高効率で中赤外線波長可変レーザーを生成できます。
    アプリケーション:
    •CO2レーザーの第2、第3、および第4高調波生成。
    •2.0µmの波長でポンピングする光パラメトリック生成。
    •COレーザーの第二高調波発生。
    •70.0µmから1000 µmのサブミリメートル範囲のコヒーレント放射を生成します。
    •CO2およびCOレーザー放射と他のレーザーの複合周波数の生成は、結晶透明領域で機能しています。
    寸法:
    標準の断面は6x 8mm、5 x 5mm、8 x12mmです。結晶の長さの範囲は1〜50mmです。カスタムサイズもご要望に応じてご利用いただけます。
    オリエンテーション:
    標準のZGP結晶方位は、θ= 54°の角度でのタイプIの位相整合用です。これは適切です。
    中赤外線出力を生成するために2.05umから2.1umの間の波長で励起されたOPOで使用するため
    3.0umから6.0umの間。リクエストに応じて、カスタムオリエンテーションを利用できます。

    基本プロパティ

    化学薬品 ZnGeP2
    結晶の対称性とクラス 正方晶、-42m
    格子定数 a =5.467Å
    c =12.736Å
    密度 4.162 g / cm3
    モース硬度 5.5
    光学クラス 正の一軸
    便利な送信範囲 2.0 um – 10.0 um
    熱伝導率@T = 293 K 35W / m∙K(⊥c)36W / m∙K(∥c)
    熱膨張@T = 293 K〜573 K 17.5 x 106 K-1(⊥c)15.9 x 106 K-1(∥c)
    技術的パラメータ
    表面の平坦度 PV<ʎ/4@632.8nm
    表面品質SD 20-10
    ウェッジ/並列処理エラー <30秒角
    垂直性 <5分角
    透明度の範囲 0.75 – 12.0
    非線形係数 d36= 68.9(10.6 um)、d36= 75.0(9.6 um)

    ZnGeP201
    ZnGeP202
    ZnGeP203