Co:スピネルクリスタル


  • オリエンテーショントレランス: <0.5°
  • 厚さ/直径の公差: ±0.05mm
  • 表面の平坦度:
  • 波面歪み:
  • 表面品質: 10/5
  • 平行: 10〞
  • 垂直:
  • クリアアパーチャ: > 90%
  • 面取り: <0.1×45°
  • 最大寸法: 直径(3-15)×(3-50)mm
  • 製品の詳細

    仕様

    試験報告書

    パッシブQスイッチまたは可飽和吸収体は、電気光学Qスイッチを使用せずに高出力レーザーパルスを生成するため、パッケージサイズが小さくなり、高電圧電源が不要になります。Co2 +:MgAl2O4は、1.2〜1.6μmで発光するレーザー、特にアイセーフな1.54μmEr:ガラスレーザーのパッシブQスイッチング用の比較的新しい材料ですが、1.44μmおよび1.34μmのレーザー波長でも機能します。スピネルは硬くて安定した結晶で、よく磨きます。コバルトは、追加の電荷補償イオンを必要とせずに、スピネルホストのマグネシウムの代わりになります。高吸収断面積(3.5×10-19cm2)により、フラッシュランプとダイオードレーザーポンピングの両方で、キャビティ内の集束なしでEr:ガラスレーザーのQスイッチが可能になります。励起状態の吸収が無視できるほど、Qスイッチのコントラスト比が高くなります。つまり、初期(小信号)と飽和吸収の比が10より高くなります。

    特徴:
    •1540nmのアイセーフレーザーに適しています
    •高吸収セクション
    •無視できる励起状態の吸収
    •高い光学品質
    •均一に分散されたCo

    アプリケーション:
    •アイセーフ1540nm Er:ガラスレーザー
    •1440nmレーザー
    •1340nmレーザー
    •アイセーフレーザー距離計

    化学式 Co2+:MgAl2O4
    結晶構造 キュービック
    格子定数 8.07Å
    密度 3.62 g / cm3
    融点 2105°C
    屈折率 n = 1.6948 @ 1.54 µm
    熱伝導率/(W・cm-1・k-1@ 25°C) 0.033W
    比熱/(J・g-1・k-1) 1.046
    熱膨張/(10-6 /°C @ 25°C) 5.9
    硬度(モース) 8.2
    消光比 25dB
    オリエンテーション [100]または[111] <±0.5°
    光学密度 0.1-0.9
    ダメージしきい値 > 500 MW / cm2
    Coのドーピング濃度2+ 0.01-0.3 atm%
    吸収係数 0〜7cm-1
    動作波長 1200〜1600 nm
    コーティング AR / AR @ 1540、R <0.2%; AR / AR @ 1340、R <0.2%
    オリエンテーショントレランス <0.5°
    厚さ/直径の公差 ±0.05mm
    表面の平坦度 <λ/8@632 nm
    <λ@ 632 nm <> <λ/4@632 nm
    波面歪み <λ@ 632 nm <>
    表面品質 10
    10/5 平行
    垂直
    クリアアパーチャ > 90%
    面取り <0.1×45°

    Spinel01 Spinel02 Spinel03