• ZnGeP2 Crystals

    ZnGeP2結晶

    大きな非線形係数(d36 = 75pm / V)、広赤外線を備えたZGP結晶
    透明度範囲(0.75〜12μm)、高熱伝導率(0.35W /(cm・K))、高レーザー
    損傷しきい値(2-5J / cm2)と良好な加工特性を備えた、ZnGeP2結晶は、赤外線非線形光学結晶の王様と呼ばれ、依然として最高の周波数変換です。
    高出力で調整可能な赤外線レーザー生成用の材料。

  • AgGaS2 Crystals

    AgGaS2クリスタル

    AGS 0.50〜13.2 µmまで透明です。その非線形光学係数は言及された赤外線結晶の中で最も低いですが、550 nmでの高短波長透明エッジングはNd:YAGレーザーによって励起されたOPOで利用されています。ダイオード、Ti:サファイア、Nd:YAG、および3〜12 µmの範囲をカバーするIR色素レーザーを使用した多数の差動周波数混合実験。直接赤外線対策システム、およびCO2レーザーのSHG用。薄いAgGaS2(AGS)結晶板は、近赤外波長パルスを使用した差周波発生による中赤外域での超短パルス発生に人気があります。

  • AgGaSe2 Crystals

    AgGaSe2クリスタル

    AGSe AgGaSe2結晶は、0.73および18 µmにバンドエッジがあります。その有用な透過範囲(0.9〜16 µm)と広い位相整合機能は、さまざまな異なるレーザーで励起された場合に、OPOアプリケーションに優れた可能性を提供します。2.05 µmでHo:YLFレーザーを使用すると、2.5〜12 µm以内のチューニングが得られます。また、1.4〜1.55 µmでポンピングする場合、1.9〜5.5 µm以内の非臨界位相整合(NCPM)動作。AgGaSe2(AgGaSe2)は、赤外線CO2レーザー放射用の効率的な周波数倍増結晶であることが実証されています。

  • AgGaGeS4 Crystals

    AgGaGeS4クリスタル

    AgGaGeS4結晶は、ますます開発される新しい非線形結晶の中で非常に大きな可能性を秘めた固溶体結晶の1つです。高い非線形光学係数(d31 = 15pm / V)、広い透過範囲(0.5-11.5um)、低い吸収係数(1064nmで0.05cm-1)を継承しています。

  • AgGaGe5Se12 Crystals

    AgGaGe5Se12クリスタル

    AgGaGe5Se12は、1um固体レーザーを中赤外(2-12mum)スペクトル範囲に周波数シフトするための有望な新しい非線形光学結晶です。

  • BaGa4Se7 Crystals

    BaGa4Se7クリスタル

    BGSeの高品質結晶(BaGa4Se7)は、カルコゲニド化合物BaGa4S7のセレニド類似体であり、1983年に非中心斜方晶構造が確認され、2009年にIR NLO効果が報告された、新開発のIRNLO結晶です。これは、ブリッジマンストックバガー法によって取得されました。この結晶は、15μm付近の吸収ピークを除いて、0.47〜18μmの広い範囲で高い透過率を示します。

123 次へ> >> ページ1/3