KTAクリスタル


  • 結晶構造: 斜方晶、点群mm2
  • 格子定数: a =13.125Å、b =6.5716Å、c =10.786Å
  • 融点: 1130℃
  • 1130℃: 5近く
  • 密度: 3.454g / cm3
  • 熱伝導率: K1:1.8W / m / K; K2:1.9W / m / K; K3:2.1W / m / K
  • 製品の詳細

    技術的パラメータ

    ビデオ

    カリウムチタンヒ酸塩(KTiOAsO4)、またはKTA結晶は、光パラメトリック発振(OPO)アプリケーション向けの優れた非線形光学結晶です。非線形光学係数と電気光学係数が優れており、2.0〜5.0 µm領域での吸収が大幅に減少し、角度と温度の帯域幅が広く、誘電率が低くなっています。また、イオン伝導度が低いため、KTPと比較して損傷しきい値が高くなります。
    KTAは、3µm範囲の発光用のOPO / OPA利得媒体として、また高平均出力でのアイセーフ発光用のOPO結晶としてよく使用されます。
    特徴:
    0.5µmから3.5µmの間で透明
    高い非線形光学効率
    大きな温度許容
    KTPよりも複屈折が低く、ウォークオフが小さくなります
    優れた光学的および非線形光学的均一性
    ARコーティングの高い損傷しきい値:10nsパルスで1064nmで> 10J /cm²
    3µmで低吸収のARコーティングが利用可能
    宇宙プロジェクトの資格

    基本プロパティ

    結晶構造

    斜方晶、点群mm2

    格子定数

    a =13.125Å、b =6.5716Å、c =10.786Å

    融点

    1130℃

    モース硬度

    5近く

    密度

    3.454g / cm3

    熱伝導率

    K1:1.8W / m / K; K2:1.9W / m / K; K3:2.1W / m / K

    光学的および非線形光学的性質
    透明度の範囲 350-5300nm
    吸収係数 @ 1064 nm <0.05%/ cm
    @ 1533 nm <0.05%/ cm
    @ 3475 nm <5%/ cm
    NLO感受性(pm / V) d31 = 2.76、d32 = 4.74、d33 = 18.5、d15 = 2.3、d24 = 3.2
    電気光学定数(pm / V)(低周波) 33 = 37.5; 23 = 15.4; 13 = 11.5
    SHGフェーズマッチング可能範囲 1083-3789nm